生き物に触れ、自然に触れることを大切にしたい。 自然の中で遊ぶすべをなんらかの形で残し伝えていきたい
by asobidb
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
エビに驚かされた日
from 日々の雑記@castle
これがフワフワとぶコバエ..
from リアルで遊ぼう
改めてザリガニの凶暴さに驚く
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
フォロー中のブログ
Links ...

植物はともだち
:植物の知識満載

ヨルトアサ
:日常のひとこま

bbs
:私のbbs(携帯ok)


2004年 11月 21日

やっぱり水あわせは大切と身をもって知るの巻

さて、少し前に「水あわせなんて適当にやっちゃっても平気!」なんて大変なことを豪語していたのですが、やはりツケはまわってくるものです。


■シルバーモーリー
 数日間ライアーテールのシルバーモーリーが、シルバーモーリオスや バルーンモーリーオスに執拗に追いかけられてへろへろになっている様子。
いじめがひどくなりすぎては分けるしかないのかしら。と様子を見ていると、なんだか泳ぎ方がくねくねしているし、体が水平ではありません。水面に対してナナメになることも多い。

「これは! うわさに聞くグッピーエイズではないか?」と
検索してみました。
グッピーエイズ
グッピー病

くねくね泳ぐというのは、もうこれは見た人しか分からないのですが、私がシルバーモーリの異変に気がついた時点では、ほかの症状(尾ぐされなど)は出ておらず、まずふらふら泳ぐ・くねくね泳ぐ。(背骨をうちわで扇いだように波打たせて泳ぎます)。
それから、体の平行が保てない。 やせてくる。 
こんなかんじでしょうか。

 思い当たることがひとつ。以前購入したグッピーが同じような症状で次第に衰弱して口ぐされ病(尾ぐされと同じ病気で口の組織がくずれてしまう)になって死んでしまったのです。

グッピーエイズの場合、環境の変化などがあった場合や弱った場合に発症することが多いとのことで、たしかに水槽移転したり、いじめられて弱っていたりという原因か?と考えられるものがありました。 その水槽移転のときも、水ならしをゆっくりやらず、もとの水槽の水を足しながら温度だけあわせて移転させました。

 結局隔離して、追いかけられない日々が続いたのですが、少しずつ確実に弱ってきている様子。多分、ダメでしょう。(この後信じられないことが起こってしまったのはまた別の記事に書きますね)

■エビ
ミナミヌマエビです。購入後に脱皮ラッシュになり、姿をあまりみかけないし、時々死骸が落ちているという状況でした。 下に頂いたコメントに環境がかわると脱皮するということでした。
 ミナミヌマエビをヤマトヌマエビと同じ水槽で飼うという野望?がどうしても治まりません。
そこで、あと10匹だけ追加してみよう。今度は水あわせをゆっくりしてみよう。と思いました。
10匹追加し、今回は水あわせをやってみました。 30分ごと(本当は1時間ごとが良いらしいのですが)に購入したときの水を少し捨て、水槽の水を捨てた分だけ足します。
 するとどうでしょう。ミナミヌマエビを入れた後も 脱皮は一匹もありませんでした。

脱皮するということは、体に負担がかかっているのかもしれない。

相変わらすミナミヌマエビの姿は常時2匹~3匹くらいしかみられませんが、死骸がないので、ある程度残っているのではないかと思っています。
[PR]
by asobidb | 2004-11-21 13:12 | 熱帯魚・水草・エビ
<< 改めてザリガニの凶暴さに驚く (画像)ゴノポジウム >>