生き物に触れ、自然に触れることを大切にしたい。 自然の中で遊ぶすべをなんらかの形で残し伝えていきたい
by asobidb
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
エビに驚かされた日
from 日々の雑記@castle
これがフワフワとぶコバエ..
from リアルで遊ぼう
改めてザリガニの凶暴さに驚く
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
フォロー中のブログ
Links ...

植物はともだち
:植物の知識満載

ヨルトアサ
:日常のひとこま

bbs
:私のbbs(携帯ok)


2005年 04月 12日

(動画)ザリガニメスが脱皮

 先日脱皮したばかりのメスがまた脱皮しました。
家事をしていたら突然 ゴロリとメスが横になるのが見えました。「え?」とみているとそのまま起きようとしません。「もしや?脱皮?」と近寄ると無理な体勢ですが頭の部分をすでにぬぎかけていました。
 あわてて携帯をとりにいき、録画。ところがサイズが大きすぎて保存できません。もう一度メモリーカードを入れてメモリーカードに記録するように設定変更して録画。
脱皮完了まで不鮮明ですが 録画することができました。

でも。。。右腕を脱皮失敗してなくしてしまったみたい。(TT) これでオスメス双方片腕同士になってしまった。 脱皮を失敗して死んでしまうザリガニもいると聞いたので命が助かっただけでも良かったとおもうのだけれど、もしかして私が録画していたからうまくいかなかったのかしらと少しだけ責任を感じています。

動画のサイズは大きいので下にだいたいの流れを掲載します。

脱皮の動画(6.57MB)

脱皮の流れ
b0055807_14575853.jpg

b0055807_14581636.jpg

b0055807_14583572.jpg

とにかく、次の脱皮ではさみが再生するように栄養をつけさせたいと思います。

下の画像は、今朝とったまだ両腕がある頃のメス(上)と片腕のオス(下)です。オスの方はわかりづらいかも

b0055807_8421216.jpg

[PR]
# by asobidb | 2005-04-12 15:49 | ザリガニ
2005年 04月 12日

おそるべし。活性炭の力

子ザリガニが生まれてから 「どよどよ」のにごった水槽になってしまったザリガニ水槽ですが、昨日福音が!

 この週末にペットショップへ行き、徳用活性炭というのを購入してきました。 外掛け式フィルターの威力をアップさせようというもくろみです。 吸い上げた汚れた水側には今まで通り、ろ過用フィルターを詰め込んで利用し、毎日とりかえて洗うと、多少綺麗になってきた様子ですが、いまひとつ。 そこでフィルターの全面、水槽へ水を返す前に活性炭を入れてみようということを思いつきました。 題して「外掛けフィルターグレードアップ作戦」

活性炭を出してみると小さな袋に入っていてそのままでは大きすぎて外掛けフィルターの全面部分に収まりません。 袋を切って半分中身を出し、その半分の活性炭がはいっている袋をフィルター全面にセットしました。
一晩たってみてびっくり。 かなり水の透明度が回復してきているようです。
3月23・24日の画像と比べるとかなりの差がわかると思います。

おそるべし。活性炭。

前は水槽の奥はにごってみえなかったのに今はきちんと後ろまで見えるようになりました。
考えてみたら、フィルターも2,3回洗って利用していたので、フィルター内にセットしてある活性炭ももう一杯一杯に吸着してしまった状態だったのかもしれません。
b0055807_1035637.jpg

まだまだにごっていますが、かなり改善された水槽です。

使い古した活性炭は園芸用資材として使おうともくろんでいます。(^^)
[PR]
# by asobidb | 2005-04-12 10:37 | ザリガニ
2005年 04月 10日

(画像) 半年たちました。水槽

植え込んだ水草の名前を確かめるために、過去の記事をさがしてみましたら、最初に水槽の記事を書いたのが昨年の10月31日だったようです。そのときの記事はこれ。あまりにもスカスカの水草にびっくり。

 先日からしげりすぎた水草を何度もカットしたりザリガニ水槽に移したりしていたので、育ったなあとは思っていましたが、こんなに増えていたとは気がつきませんでした。
b0055807_15311784.jpg

現在はこんな風になっています。

最初に植え込んだ水草はすべて グッピーのために塩を入れてそだてても大丈夫でした。
ヒゲゴケの発生はとまりました。(コケの発生をおさえるため、現在は通常蛍光灯を青みのものを一灯だけにしています)

 水槽セット時に 「キンギョモ」とかいた水草は 「マツモ」であることが判明しました。
[PR]
# by asobidb | 2005-04-10 15:33 | 熱帯魚・水草・エビ
2005年 04月 10日

子ザリガニ お気に入りのエサは?

 食欲旺盛な子ザリガニ。水草はあっという間になくなってしまうし、供給が追いつきません。
そのたびにペットショップで水草を求めるのももったいないし、すぐなくなっちゃうし(だって野菜より高いですよね)。
 グッピー水槽で育ちすぎた水草を利用しても消費速度に成長速度が追いつきません。

現在我が家で与えているえさは

動物性のえさ
1)ニボシ
 ダシに使うときにはずして使う 煮干の頭とはらわたが主です。でも、頭もはらわたもあまり好きじゃないみたい。やっぱり身の方がすきなようです。おなかがすいた親ザリガニはバリバリと頭から食べます。以前とった動画がありますのでよろしかったらご覧下さい。
目の玉がお気に入りです。

2)ミジンコ
 金魚のエサ用に乾燥させてうられています。ちょっと困るのは浮いてしまうこと。子ザリガニは水面近くの水草につかまって上手に食べますが親ザリガニはあまりうまく食べられません。

3)ちりめんじゃこ
 これは子ザリガニは大好きです。丁度口のサイズにピッタリなのかもしれません。入れると一人一匹捕まえて食べる姿はとてもかわいらしいです。
(動画)チリメンを食べるザリガニ。363kb

植物性のエサ
1)水草
主にグッピー水槽で増えすぎたものを入れています。
うちのザリガニが一番好きなのが アナカリスです 次に好きなのがマツモ その次が ハイグロフィラ・ロザエネルヴィス と ウォーターマッシュルーム
あまり好きでないのがウォーター・バコパです。 ウォーターバコパは葉が厚いからきらいなのかな。
 意外なことに痛みかけた葉も好きです。グッピー水槽にある水槽で黄色くなってきた葉やコケがついた葉を入れると普通の葉よりも人気があります。一生懸命食べています

2)野菜
ニンジンを食べると聞いたので ニンジンの皮やヘタを与えています。動画の後ろの方にあるオレンジの物体はニンジンのヘタです。
レタスや白菜。これも好きです。 大抵の野菜だったら食べるのかもしれません。
ほうれん草はシュウ酸を含んでいるので大丈夫かどうかわからないのですが与えた事がありません。

3)コケ
その辺に生えているコケをたべています。
(動画)レタスを食べるザリガニ。284kb携帯を向けると警戒してしまって動きが止まってしまうのが残念。もう少しうまくとれるといいのだけど。
[PR]
# by asobidb | 2005-04-10 11:14 | ザリガニ
2005年 04月 10日

トコトンやるぞ。水の正常化めざして!

 燃えてきました。日に二回フィルターを替えてみたらなんとなくマシになってきたような兆しが!
 ということで、今日もフィルターを洗って(夕べ替えたのにもう真っ黒)水はどうしようかなー。替えようよかなーなどといっていたら、夫が「水換えポンプ使った方がいいんじゃない?」と。

そうだ!そうでしたよ。水が綺麗になってからあまり使うことがなくなっていて存在をわすれていたのですが、我が家には水換えポンプなるものがあったのでした。

商品は このページにあるクリーナーポンプとほぼ同じものです。
灯油ポンプと同じようなポンプですが、水槽用に吸い込み口から少し上に稚魚を吸い込まないように網がついています。 
 これを砂にさしてザックザックと汚泥と一緒に水を吸い出すのです。
水槽を扱っている店に大抵おいてあると思います。

検索してみたら、灯油ポンプを改造するという方もあるみたい。でももしペットショップで見つかれば、こちらの方が良いと思います。価格も安いし、吸い込み口に網がついているので水槽では扱いやすいんじゃないでしょうか。

吸い出してみたら出ましたよ。どろどろでくさいくさい! 水だけを替えていてはダメだと実感しました。

なんと言っても子ザリガニがそこらじゅうにいるので、2,3匹傷つけてしまったみたいなのが失敗。あっという間にそういう子ザリガニは共食いへ (TT)次回はもっと気をつけよう。

またもやグッピー水槽から水を足して、それと同時に新しい水も足して当分様子をみることにします。
[PR]
# by asobidb | 2005-04-10 10:24 | ザリガニ
2005年 04月 09日

(動画)子ザリガニと水のよごれ

大失敗です。あまりにも水が汚れてしまうので、ふと「水を替えすぎるのがいけないのかもしれない」と思いなおし、様子をみることにしたのが一昨日。一日ですごいことになってしまいました。

■どよどよのフィルター

 フィルターは得体のしれないぶよぶよのものに覆われてしまい、見るのも触るのもちょっと。。。な状態。もちろん水は漉せなくなっていますから水質は悪化するばかりです。近くによるとちょっと 「ドブ」風のにおいまでしてきました。 いやーん!

 腐敗臭は悪玉菌ではないかと予測。

どよどよになったフィルターは「こんなのがドブにあったら絶対触らない!」とおもうようなしろものだったのですが、生き物を飼っているのだからしょうがありません。はずして洗いました。
ぶよぶよはなかなかしぶとい。

 水は悪臭気味。三分のニを花にやり(それでも肥料になることがあるかもという気持ち半分)
減らした分を、三分の一新しい水と、バクテリアをどうにか増やしたいという試みで三分の一グッピー水槽から持ってきました。 水をとりかえてもものすごくにごるザリガニ水槽です。

外掛けフィルターはフィルターがカセット式で取り扱いが簡単ですが、汚れやすい水槽ではすぐにフィルターが目詰まりしてしまってコストがかさむので、うちでは上置きフィルター用のろ材をフィルターの前につめています。これで若干フィルターをとりかえるまでのサイクルが長くなるように思います。
b0055807_10291720.jpg

しかし、この作戦も今回ばかりは焼け石に水。 
一日にフィルターを2回変えました。 そのたびにフィルターを洗った水はどよどよになるという状態です。
(さすがにどよどよ状態のフィルターを掲載する勇気はなかったので、洗浄後のものを掲載しました。)
そうして、今朝もフィルターのろ材を交換・洗いました。やっぱり水はどよどよに。。。。

■子ザリガニの様子

子ザリガニは体長3センチ強です。共食いをできるだけしないようにとエサを多めに与えていたことと、グッピー用フレークが無くなったので 残っていた グッピー用顆粒を与えたのも水質悪化に一役買ったような気がします。 というのも フレークは子ザリガニが手でつかまえて食べることができたのですがフレークは手で捕まえることができず食べ残しが沢山出てしまったようです。 ザリガニ用のえさの方がまだマシだったとおもうのですが、これも粉末を固めたものなので食べ残しは溶けていってしまいますから水質のことを考えたら 煮干や鰹節、野菜など自然のエサの方が良いかもしれません。
 ザリガニ自体はものすごい食欲でこれはどうだろう?とためしてみる大抵のものを食べてしまいます。水草はバッタかと思うほど食べて粉々に刻んでしまいますし、特に水槽でコケなどのために痛みかけた水草なども柔らかいからか好んで食べているようです。 (グッピー水槽で、見栄えが悪くなった水草を逐次ザリガニ水槽につんでは移しています)

 水の汚れの一番の原因は ザリガニの糞のようです。昨日、丁度子ザリガニがフンをしているところをみつけましたが、今水槽が汚れているものそのものというカンジのフンでした。

b0055807_1195465.jpg

息子が描いたわけではなく私が描いた絵です(--;)ゞ
ザリガニは 「おしっこ」を口のすぐ上の第二触覚せんというところからするそうです。(息子におしえてもらった)第二触覚とは あの一番長い触角のことだそうです。
エビの長い触角は第二触覚で、物に触って情報を感知する器官です


 第二触覚せんというのをきちんと見てみたいと思ったのですが、いまひとつじっくりザリガニをみたことがないので、いまのところ私の知識は 「ま、このへんにあるんだろうなあ」というところにとどまってます。 口のすぐ上辺りに位置するようです。

図に描いてある口はもちろん裏側というか腹側にあります。こちらは食べている様子を観察しているとすぐわかります。

さて肛門は、普通に尻尾の付け根の真ん中あたりにありました。 エビの背綿と呼ばれる部分のような黒い筋が背中に確認できますが、それが胃腸なんでしょうね。その筋の先、これも腹側
この絵でいうと見えてない部分にあります。 フンは金魚の糞のような雰囲気ですが、金魚のフンのようにいつまでも長い形状をとどめていないようです。

■子ザリガニ動画

といっても、すごい水のにごり方と水槽への映りこみがきびしくて(スミマセン。イイカゲンな動画をとってます)よくわかりませんが、元気な様子はわかると思います。
だいぶ共食いなどで淘汰されてきたみたいですが、それでも昨日見えたものだけを数えて50匹は超えていました。
b0055807_10591418.jpg
(動画) にごった水のなかでも元気に育っているザリガニの子 532kb

■おまけ
あまりに汚い動画なので、グッピー水槽の方もつけてみました。こちらも映りこみがはげしくてごめんなさい。
b0055807_1114616.jpg
(動画)ザリガニ水槽に時々水を提供しているグッピー水槽 604kb
[PR]
# by asobidb | 2005-04-09 11:02 | ザリガニ
2005年 03月 28日

水がよごれます。子ザリガニその後

水がまだまだ汚れてます。大体週に2回くらい水を替えてますが、水が澄んできません。
本来は水換えしない方が良いのかもしれないけれど、たぶん水槽に対して住まわせている生き物の数が多すぎるのだと思う。

 子ザリガニの食欲はすごいです。エサは不足しないように与えていますが、ときどき共食いもみかけます。それと同時に水草をものすごい勢いで食べています。
グッピー水槽ではびこりすぎた水草をどっさりとザリガニ水槽にいれておいたのですが、ものすごい速さで食べつくしています。
 
 一番好きなのはアナカリスのようです。もうほとんど茎だけになりました。 やわらかそうな新芽の部分より茎に生えた部分がよく減るので、もしかしたら、味の問題よりも形状の問題かもしれません。
 同様にキンギョモもよく食べます。

あまりにも減りが早いので、水草を補給しきれないかもしれないと思い、昨日は白菜の柔らかい葉先の部分をいれてみました。 そこそこ食べているようです。

水のにごりについては、憶測ですが、植物性の食べ物を沢山食べたときににごるように思います。以前は野菜を入れたときににごっていましたが、野菜をいれてなくてもにごります。そうして水草をかなり食べている様子なので。。。

子ザリガニは大きいものは2センチを超えるほどになりました。 
水槽の一角はさながら 「○○の墓場」状態。ザリガニたちが食べたニボシの骨やら、脱皮殻の食べ残しやらがゴロゴロとあつまって、殺伐とした雰囲気をかもしだしています。
[PR]
# by asobidb | 2005-03-28 13:40 | ザリガニ
2005年 03月 23日

(画像)子ザリガニその後、と。。。

 水槽の水の汚れが著しいです。外掛けフィルター掃除と、水槽の水かえを一週間に2回しましたが、まだにごっています。 
 チビザリガニは、すっかり母離れ完了して、母のおなかについているのは一匹もいません。
底砂の上や水草の上にてんでに散らばって、ときに喧嘩をしたり、えさをたべたりしています。

体長は大きいもので2センチくらい。小さいものは1.5センチくらいでしょうか。
色も個体差があり、 赤いものや 透明っぽいグレーのものがいます。

 ところで、水がにごっていて気がつかなかったのですが、今朝母ザリガニ(はさみ2本)が正面にいるのをみて、水槽の中ほどをみると 横たわったザリガニのはさみがみえました。

モシヤ!オスがやられてしまったのか。。。とさらにみますと、そのはさみも2本あります。
また脱皮したようです。殻を手前によせてみました。抜け殻でした。 ほっとしました。
b0055807_965074.jpg

食料にするためこのまま放置しますー。


今朝は、多めに水をかえ、フィルターも換えてしまいました。(本当はバクテリアの養生のためフィルターと水換えは同期しないほうが良いと聞いたんですが、フィルターも目詰まりしてきたしどうしようもない状態になっているので)

チビザリガニの動画もとりあえずとったので後でupできればupしよう
[PR]
# by asobidb | 2005-03-23 09:09 | ザリガニ
2005年 03月 14日

フィルターについて

 ザリガニ水槽は、セットで購入した水槽を使用しています。
フィルターはそのセットについてきた外掛け式フィルターです。
こんな感じのものです。

フィルターがカセット式になっていて、そのまま交換すれば良いので楽だし、水槽の中に置くフィルターよりもラクに取り外しできるところが良いところだと思います。
ろ過性能も良いです。

 でも、ずっと運用するとなると気になることもあります。
まず、フィルターの寿命が意外に短い。水の汚れ方によって寿命が違うでしょうし、それだけよくろ過できているという証だと思うのですが、「この間換えたばかりなのに、もうフィルターの上を水が流れていて」ということも多いです。
フィルターは洗って二三度使えるということなのですが、一度詰まったフィルターは洗ったあとの寿命もわりと短いです(当然ですが)

 もうひとつは、一体型になっているのでポンプ本体が洗いにくいのです。どういうことかといいますと、 水が入る部分とモーターの部分が一体になっているので、洗うときにモーターに水がかからないようにという意識が働いてモーター部分があまり洗えません。
 長く運用していると、モーター周りが汚れて吸い込み性能が落ちるので、この辺が困りどころ。

うちでは、2つ水槽セットを購入してしまったので外掛けフィルターも二つあるため、この二つを使って片方を完全に乾かしてからというローテーションを組んでいます。
それと、カセット式フィルターの手前に 上面フィルター用のろ材を切ってつめてあらかじめゴミをそちらで漉してからカセット式フィルターに水が行くようにして使っています。
これで、多少カセットの寿命が延びるようです。
[PR]
# by asobidb | 2005-03-14 10:42 | 熱帯魚・水草・エビ
2005年 03月 14日

(動画)ザリガニの赤ちゃん1cm 危険もアリ

これは少し前にとった動画ですが、母ザリガニのおなかにくっついている子ザリガニ。
母は適度に子ザリガニを揺らしています。酸欠にならないようにかな~。
(動画) 母が揺らすザリガニのあかちゃん。1.67MBよーく見ると母ザリガニが動くとともに積み残しされて残ってえさを食べている赤ちゃんが動いています。

 最近では、単独行動を行う子ザリも増えてきました。体長1センチくらいに育ちました。
特にエサをやると 蜘蛛の子をちらすようにピョンピョンと出てきてすごい状態になります。そのまま居座って夢中でエサを食べていると、グッピーがすかさずザリガニの子を食べたり(ToT)
エサが足りないとそういうことが起こるのかと思い、エサは切れないようにしているのですが、そういうものとは又違うようで、生きている方がグッピーもおいしいのかもしれません。
自然の世界ってなかなか厳しいものですね。

 もう少し大きくなったらグッピーにも食べられなくなるでしょうし、水槽の底砂に満遍なくちらばっていた子ザリガニが最近は隅や隙間にいることも多く見られるようになってきたので、こういう経験で学んでいくのかもしれません。

 危険を察知すると、顔を危険方向に向けて警戒します。皆が同じ方向に整列している様子は面白いです。

子ザリガニが増えてから水の汚れも激しくなってきました。それだけエサが消費されるわけですから当然でしょうか。

子ザリガニのお気に入りのえさは熱帯魚用のフレークです。この大きさがつかんで食べるのに丁度良いようです。昨日はにんじんの皮を入れてみました。以前入れたときは親ザリガニも食べなかったのに、今回は親も食べていました。子ザリガニもそこそこ食いついていました。
ところが、この野菜の皮を入れると水が一気ににごります。前回もそうでした。次の日に水を換えた記憶があります。 ケチらずに、皮じゃないものを与えた方がよいのかもしれないし、与えた量が多すぎたのかもしれません。
画像は、子ザリガニ。かなり水がにごっています。 さっき水を替えて、ろ過ポンプの掃除もしました。
(動画)食事を与えた後のザリガニの赤ちゃん。11.2k
[PR]
# by asobidb | 2005-03-14 10:25 | ザリガニ