生き物に触れ、自然に触れることを大切にしたい。 自然の中で遊ぶすべをなんらかの形で残し伝えていきたい
by asobidb
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
エビに驚かされた日
from 日々の雑記@castle
これがフワフワとぶコバエ..
from リアルで遊ぼう
改めてザリガニの凶暴さに驚く
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
フォロー中のブログ
Links ...

植物はともだち
:植物の知識満載

ヨルトアサ
:日常のひとこま

bbs
:私のbbs(携帯ok)


[PR]
by asobidb | 2004-10-31 09:07 | 熱帯魚・水草・エビ
2004年 10月 31日

水槽が届いた。底砂・水草入れてみよう。

水槽
水槽屋敷はヤダ!と思い続けて小さな水槽を少しずつ大きいものにして、ついに基本といわれる60センチ水槽を購入してしまった。(なんだか無駄をすまいすまいとしながら、大きな無駄をしてしまったような。ああ!)

 とにかく、気を取り直して、低コスト+丈夫で管理が簡単+見た目もそこそこの水槽が作りたい!というチャレンジの巻き。

■■■水草

まず、水草。メインがグッピーなだけにアルカリ性の水質で大丈夫なものを選択。(なおかつ安価なもの)。
そうそう。塩を入れて育てるので、塩にも強い方が良いけれど探したところにはそんなことはどこにも書いてないようだ。やってみるしかないみたい。

以下、水草を同定できる目は私にはないため、価格と写真と説明で、「コレカナ」というものを買いました。(安価な水草には名前が書いてなかった&店員さんに聞かなかった)

いくつか安価な水草を買いためて多少スカスカだけれども水槽に植え込むことにした。

コークスクリュー・ヴァリスネリアVallisneria americana ヴァリスネリアアメリカーナ

 ニラのような葉がねじれながら伸びている葉っぱ。なぜか魚にはとてもよく似合うと思う。

ウオーターバコパ Bacopa caroliniana バコパ カロリニアーナ

 葉の形がかわいらしいのです。こんな説明も見つけました

アマゾンソード・プラントEchinodorus amazonicus エキノドルス アマゾニクス

 後ろの方にど~んと一本植える

アナカリスEgeria densa エゲリア デンサ? (オオカナダモ)
 おなじみのビニールのような感触の水草

 かなりボリュームがあるので、わさわさと奥や横に茂らせる予定。
 伸びに伸びるので途中で切る必要がありそう。


ウォーター・マッシュルームHydrocotyle vulgaris

 本当は小型のものが欲しかったのだけれども。とりあえず。前に這わせるつもり

ハイグロフィラ・ロザエネルヴィスHygrophila polysperma ver.
 水槽に赤い色がほしくて購入したものだけれども、栄養が足りているのか緑色の葉っぱになっている。中央あたりに茂らせる予定。

アヌビアス
 たぶん、アヌビアス?。夫と息子が相談してかってきてくれたもの。持ち帰ったときにはそれは立派な葉が茂っていたのに、光量不足なのか、塩水が合わないのかあっという間にみすぼらしい姿になってしまった。光ならば今回リベンジできるはず。

ホザキノフサモ(キンギョモ)たぶん。Myriophyllum spicatum L.

 安価な水草といえばコレ。でも混ぜて使うと結構映えそう。

※キンギョモはキンギョモとして売られているものでしたが、実際はマツモであったことが後日判明しました。

これだけ準備しました。(結構凝り性です)本当は芝生のように広がる植物が欲しかったのですが、今回目をつけたものはどれもco2を添加しないと育たないとのこと。残念!と今回は見送ることにしました。

■■■ 砂

ペットショップの淡水魚用砂をあちこち探検。
しかし、底砂って意外に高い。そうして、意外に重い。そうして意外に手間がかかる(洗ったり消毒したり)。

 それで、小さい水槽の時には、「コレだけでok」という底砂を購入したのだけれど、どうやら 土の中に空洞を作って丸く固めた 赤玉土のようなもののようで、時間がたつにつれて元の土に戻って行くのがいまひとつ。(つまり使い捨ての土だったようです)

少し考えていて思いついたのが、植物のハイドロカルチャー用の土=ハイドロボールを使うのはどうだろう?と。
もともと植物は、酸性を嫌うものも多いから土は極端な酸性になっていないと思うし、ハイドロボールならば、他孔質の粘土を玉状にして焼成したものなので、菌がいないことがウリ。軽いし、固い。汚れた場合は洗って使うという底砂にはもってこいだとおもう。多孔質だったらバクテリアにも良いのではないだろうか?という思い込みから。

 さて、購入してみて水槽の重量は軽減されたし、見かけは良いのだけれど、困ったことが。

困ったこと1)浮いちゃう。
 家に持っていたハイドロボールは素焼きタイプで以前の水槽で試したときにはうまい具合にぷくぷく沈んできたのに、ホームセンターで購入したハイドロボールはどうやらガラス質が多いみたい。ウキのようにぷかぷか浮いてしずみません。結局浮いたハイドロボールはすくって別の用途に使うことにしました。

困ったこと2)怠慢の結果だけど。
 清潔なはずだから、という前提で、怠慢を決め込んで洗わずに使用したら、
水が結構にごってしまってきれいになるまで時間がかかったこと。
(土の粉が含まれているからですね)後から一回水で流してから利用すればよかったなあと後悔しました。

困ったこと3)水草がうかんじゃう。
 もともと、水草を植え込むのはコツがいるのだと思いますが、土が軽いということは押さえが利かなくてぷかぷか水草が浮かんでしまう。
結局、石や、植木鉢で根付くまでは根元を押さえることにしました。

以上以外はいまのところ大丈夫そう。(とはいってもまだセットから1日しかたってないのですが。(^^) この後、またなにかあったら書いていこうと思います。

 □□追記
後日ペットショップへ行くと、水草が浮かばないように根元につけるおもり状のものが売られていました。 購入時水草の根元には鉛のようなものがついているものもあるのですが、小分けして植えますし、「鉛って、体に悪いはずだよね」と気にかかります。 売られているおもりは、水に成分が溶けないと書いてありました。。。が、しかし。。結構高いです。まきつけることで、根元からの芽も制限されるし、出来ればそのまま根づいてくれたほうが良いので&高いので購入しませんでした。 おもり以外にもネット状になったもの(モス用?)も売られていましたが、これも結構高いです。
 無理やりにでも根元を押さえて根をはらせる(根が張れば浮かばなくなりますので)ことが出来ればヨシですね。うちでは当面、拾ってきた石をあらって根が張るまで根元を押さえてみることにします。

■見切り発車

ところで、いい加減な性格の私は、ベテランさんから見るとかなり危険なことをしています。
というのも、本来水槽を作ったら魚を入れるのは水槽の水が安定するのを待ってまず、パイロットフィッシュから入れてという手順をふむのが普通らしいです。
つまり2週間くらいは様子を見るのが普通のようなのですが、現在の水槽の環境があまりにも悪いこともあり見切り発車しました。

 そのかわり、気をつけたことは、バクテリアが少しでも早く育つようにと考えて現在使っていたフィルターを新しい上部フィルターの中へセットしました。
それから今の水槽の水をフィルター上部から注ぎ入れました。(ただ、水の質があまりよくないように思いましたので水槽下部の水はとらないようにしました。

■塩について
以前グッピーの飼い方を検索したときの塩の量をあらためてはかってみると本当にたくさんの量の塩をつかっていらっしゃることがわかりました。
とりあえず計ってみたところ、16センチくらいの小皿にふんわりやまもり2杯以上の塩を入れることになります。 あまりにも多いように思いましたので 半量の 山盛り1杯をとかしこみました。魚を入れるのが不安でしたが、グッピー、モーリー、オトシン すべて元気に過ごしています。いまのところ 水草も大丈夫なようです。


■追記 

半年たった水槽がこちらにあります。よろしかったらご覧下さい
[PR]
by asobidb | 2004-10-31 08:59 | 熱帯魚・水草・エビ
2004年 10月 31日

脱皮した2 ヤマトヌマエビ

そうそう。脱皮といえば、先日ネットで知り合いになったgeko_pinさんが、ヌマエビを購入されたという文を読んで、コケの発生に頭を痛めていた私は昨日ヌマエビ購入することにしたのでした。

 一応調べたことは、グッピーと一緒に育てるので塩が入っていてもへいきかどうか?というところ。
 汽水領域で産卵するとの記載を見て「こりゃ平気だな」とあたりをつけました。とりあえず3匹購入。

今朝「いるかないるかな?」と見ると 残骸のようなものが底に見えます。
え?死んじゃったの?と必死で姿を探して数えると3匹いる。

どうやら1匹が夕べ脱皮したようです。 脱皮ラッシュでした。ヤマトヌマエビ
ハート型の穴のあたりにいるんですが、暗くて写らない。どうやらすみかにしたらしい。
[PR]
by asobidb | 2004-10-31 08:58 | 熱帯魚・水草・エビ
2004年 10月 31日

脱皮した! ザリガニ

b0055807_14524989.jpg

脱皮しないねえ~と言っていたザリガニが昨日脱皮!
うれしい。

帰宅して、ザリガニ水槽を覗くと水槽の奥に倒れたザリガニの頭が見えた。
「え?どうしたの?とハサミの数を確認。」倒れたザリガニの頭には2つのハサミがあって、その前にいる威嚇中のザリガニもハサミが二つ。

やった!脱皮でございます。もう色もすっかりおちついていましたが、まだまだ興奮冷めやらない脱皮したメスは、ハサミを振りかざして威嚇するわするわ。刺激しないように覗かないことにしました。

残念ながら私は朝からちょっと用事があったので、まったく見られなかったのだが、後から家を出た夫は「そういえば朝様子がおかしかった」とのこと。
見たかったなあ。動画とりたかったなあ。残念です。でも、嬉しい!

■追記
脱皮した殻は、食べてしまうとか。とりあえず水槽の中に入れて様子をみると、今回脱皮しなかったオスが一生懸命食べている様子。
これで栄養をつけて次回脱皮するつもりかも 写真は、食べかけの抜け殻。
[PR]
by asobidb | 2004-10-31 08:56 | ザリガニ
2004年 10月 26日

グッピーの楽しみ方(いいかげんな遺伝子編?)

7de24564.jpg 世にはグッピーの育て方のページはたくさんあるし、ブリーディングのしかたのページもたくさんあります。そんなところに、こんな楽しみ方もあるよ。と私流の楽しみ方を書いてみようと思います。

 とはいえ、私、植物に関しても素人、グッピーに関しては この夏にはじめたばかり。そうしていい加減に飼っているだけですから、ここの記載はまあ、気楽に、読んでいただきたいと思います。 間違った記載があったら教えてくださいね。

 さて、うちのグッピーは、川でつかまえてきたものがほとんど。模様もちょっと売っているものとはちがっていて、川で自然に交配されたものだと思います。 一つ一つの形質をみると 「高級そう」という形質なのですが、全部ごっちゃになると 「ナンダカヘン」となるのは ファッションと同じで 素敵と思うものを寄せ集めればよいというものではないということでしょうか。

 人間が動物を繁殖させたりして楽しむ場合に、「品種系統を維持する」という楽しみと「あらたな形質の出現を楽しむ」というスタンスがあると思います。
 もちろん、品種として認められるには ある程度固定された(子どもも同じ性質を持つものが産まれる)必要があると思いますが、我が家の場合最初から雑種だったために、品種系統を維持するという楽しみは ありえませんでした。

それならば、このグッピーに含まれる遺伝子、どんなものがあるんだろう。と
推理するとこれが楽しいのです。

グッピーには品種としていろいろなものがあります(中には品種として固定されていないものも最近は品種として売り出されているものもあるらしいです)

我が家のグッピーの親にありそうなものは
1)モザイク
 尾のまだら模様を 工芸のモザイクに見立てた名前だと思われる。赤系を良く見るが、ネットを検索するとほかの色もあるようだ。
2)タキシード
 体の半分から後ろに色がのるものを言うらしい。写真では黒だけれども、これもいろいろな色があるようだ。

それも、最初に捕まえてきたオスはほとんどが青色系のものばかりでした。
一匹モザイク赤系らしいメスがいました。

グッピーは動きが早くてなかなか写真に写せませんので、ヘタなマウス画をかいてみました。

 さて、グッピーの繁殖はものすごいものがあります。日々新しいチビちゃんが生まれていると言っても過言ではなさそうです。
産まれた当初はグレーのチリメンジャコのような稚魚ですが、ある程度育ってくると色が出てきます。 これがとても楽しい。最初に尾から色がつき始めますが、多種多様な形質が出てきます。

一番上のヘタな絵の説明が以下です。ボケボケの写真もつけてみました。

A)
タキシードっぽい
我が家で今一番多いタイプです。タキシードっぽい色合いで尻尾にぼやん賭した斑が入ります。 斑の色は黒と蛍光水色。この蛍光水色は何かの品種の血が混じっているかもしれないと見ています。

B)モザイクグッピーです。うちには純粋のモザイクグッピーはいないようです。

C)
コブラ模様
写真はあいかわらずぼけています。コブラ模様(仮称)もちゃんとうつっていません。先日ペットショップで購入したものです。体にサバ模様というかコブラ模様というかがついています。背びれが長くたれています。尾はモザイクっぽい先端がぎざぎざになった形です。(絵にはぎざぎざを書き忘れました)炎のような感じに見えて、息子のお気に入りです。
 しかし、弱いです。 環境変化するとすぐに弱ってしまいます。
 (昨日、水槽の水を少し動かす必要があったのですが、今日はもう弱っています。)

D)尾びれの上下両方だけに 黄色や黄緑色が乗るタイプです。これは先祖がえりしたものかもしれません。
 派手さには欠けますが鑑賞するには、これも楽しいものです。

先日、面白いなあと思ったのは、
赤モザイクと紺のタキシードの子だと思うのですが、赤のタキシードっぽいモザイク(模様不鮮明)が産まれました。不鮮明な写真ですが、背びれのあたり(体の後ろ半分)から赤い色が出ているのが見えるでしょうか。
子ども赤

 色の遺伝子と タキシードの遺伝子は別のところにあるんだなあと実感できて一人で「なるほどなるほど」と楽しんでいたのでした。

 ※多分、品種固定されていないとタキシードとかモザイクとか名前では呼べないと思うので、うちのは タキシードっぽい雑種 とかモザイクっぽい雑種ということだと思います。
[PR]
by asobidb | 2004-10-26 08:54 | 熱帯魚・水草・エビ
2004年 10月 18日

(動画)巣穴をつくるザリガニ母さん

ザリガニヒブナが来てから、少しなりをひそめていたザリガニメスです。
まだ母さんではないので、タイトルは誇張がありますね。

今日は植木鉢の陰の砂を一生懸命かき出しています。
両方のはさみで土を抱えてきては外でばらばらと離します。
一生懸命の様子がおもしろいので、動画をとってみました。(動画990kb)に画像からリンクしてあります。
[PR]
by asobidb | 2004-10-18 08:53 | ザリガニ
2004年 10月 18日

金魚すくいの金魚

■金魚すくいのキンギョの意義
ヒブナ

秋祭りの季節ですね。息子を連れて私も行ってきたのですが、困ったことがひとつ。魚に興味を持ちはじめた息子。金魚すくいをやりたいというのです。

 私も子どもの頃にお祭りの金魚すくいが大好きで、お祭りそのものよりも屋台の金魚をすくうことのほうが楽しみだったので、息子の気持ちはよくわかるのですが、経験上屋台の金魚はなかなかうまく育たないのです。

 大人になってみると「同じ300円出しても、ペットショップなら好きな魚が買えるし、もっと元気のよい魚が買えるのになあ」とも思います。

しかし、私が突然魚を飼い始めても、ある程度勘が働くのは多分、何度も何度もすくって来た金魚で失敗したり試行錯誤しているのを子どもの頃に見ていたからだとも思います。 ここは、息子がすくいたいというのであればやらせるのもひとつの経験かと。

 バーチャルな魚育成ソフトと本物の魚はやっぱり違います。バーチャルな魚育成ソフトは 暗黙の決まりをプログラムしてそのとおりにすればうまく育つわけですが、実際の魚を飼うということは マニュアルとおりにしてもうまくいかないことも多いし、マニュアルどおりでなくてもうまくいく場合も多い。実は自然界のものってそういうことが多いのです。そういう経験は決して無駄にはならないと思うのです。
 また、大人が小さな命を大切にしている姿を見ることで子どもの小さな命に対する感覚も育つと思います。

 さて、ということで、息子。チャレンジしましたが、まったくすくえませんでした。 お店のおばさんが 2匹ヒブナ(と思う)をくれました。

■すくった金魚に病気発見

 なぜ、キンギョすくいの金魚がむつかしいか。

1)小さなビニール袋に入れて持ち帰る間に弱る
2)移動や「すくう」という原因で体が傷ついている
3)悪い環境で弱っている。
4)病気を持っていることがある

1)について
 縦横10センチくらいのもち手のついたビニール袋に水を入れて金魚を持たせてくれ、これがまた風情があるのですが、金魚がたくさん入れば入るほど、酸素不足になりその後長い間持ち歩いていると、パクパクと水面に口を出して息をしはじめます。ひどくなると、持ち帰るまでにそれで死んでしまうこともあります。

2)3)は想像するとわかると思うのですが、業者が仕入れてから金魚すくいまでの間にかなり弱り、金魚すくいのように水量が少なく、大量の金魚を泳がせるような状態ではあっという間によわってしまいます。
 人間でもそうですが、体調が悪いときには病気にかかりやすいです。
金魚も弱る+環境が悪い(環境変化が激しい) で病気にかかる確率がぐーんとあがる上に、水の中に病原体がいたり、病気の魚がいたりするとうつりやすくなります。 4)の確率もあがるわけです。

■うちの金魚
白点病
持ち帰った金魚を見ると、8センチくらいの大きい方はうろこが何枚かはげていましたが、それ以外に目立った症状はありませんでした。
 4センチくらいの小さい方は ひれに0.5mmくらいの白い転々がありました。白点病です。
写真は前の晩はヒレだけにあった白点が一晩で体全体に広がってしまった様子です。クリックで拡大表示されます。痒くなりそうなくらいびっしり白い点があるのがわかります。
発病した魚はほかの魚から隔離すること(伝染を防ぐ)
必要に応じて病気に対処すること

が必要です。
困ったことに、我が家にはエアポンプが2台しかありません。1台はざりがに もう一台はグッピーに使っています。
 とりあえずそのまま朝までザリガニと同居させることにしました。
(ザリガニ水槽には アカヒレと増えすぎたグッピーも入れています)
白点病には塩が効くとのこと。水に塩を加えました。(とはいっても、金魚はグッピーほどに塩分に耐えられないと思ったので、控えめに)

朝になると全身に点々が広がっていました。これは大変です。
ここまでくると、過去の経験上助かったことがありません。
とにかく隔離して、塩水を加え、ネット検索して唐辛子が効くとのことで
唐辛子を入れてみました。エアーポンプがないのが大変困った。

■敵を知ろう。

http://www.aaa-aqua.co.jp/html/chie/byouki/hakuten.html白点病
http://www.aaa-aqua.co.jp/html/chie/byouki/hakuten-seitai.html白点虫の生態
http://www.yoshiwo.jp/sick/s02018.htm白点病

■薬で治す

本来ならば、ひれにちょっと症状が出た時点で薬を使えればよかったのですが、うちの場合は薬を買いに行くまで2日間かかってしまいました。
その間、塩はほとんど効き目がなく、唐辛子が効くのも初期の状態でならばかもしれません。どんどん症状が重くなってきました。

 子どもの頃に金魚すくいの金魚を水槽に入れるたびに ほかの金魚まで全滅したことが何度もあります。 そのうちに、父はペットショップで聞いてきて水槽全体がインクを流したような真っ青になる薬を入れるようになりました。
 水槽の観賞価値は下がりますがそれをすることで病気が蔓延しなくなりました。

 ペットショップへ行ってその薬を探します。たくさんあるので、どれも似た効果かもしれません。とりあえず、ひとつ購入してきて現在空き水槽で薬浴中です。(かなり弱ってしまったのでダメかもしれません。今朝はもうだめになったと思っていたのですが、先ほど見たら呼吸しているようなので、もう少しガンバレと望みをつないでいるところです)

そうそう、人間でもそうですが、体力をつけたほうが治る可能性が高まります。
エサは病気でも食べる量だけしっかり与えたほうがよいと思います。(与えすぎないよう様子も見て)

もう一匹の大きな方は比較的元気にやっています。
同じ水槽にいたので、こちらも要注意です。

■教訓

水槽で魚を飼い始めたら、もしくは、子どもが金魚すくいに興味を持つようだったら、
病気発生に備えて以下のものを常備しておいたほうがよさそう。

 水槽(隔離用)
 エアポンプ(隔離用)
 薬(白点病や尾ぐされ病は もっともポピュラー)

昨日までは元気だったのに ポンプの故障やレイアウト変更時の水質の悪化で一気に病気になるということもあるとか。
[PR]
by asobidb | 2004-10-18 08:52 | 淡水魚
2004年 10月 12日

いつもの道でも観察はできる

ハマユウの花携帯写真の整理をしていたら、ちょうど良い画像が出てきたので。
近所にハマユウが植えてある駐車場があります。
 植物の好みはいろいろあると思いますが、写真のように大きい割りには花は地味な印象をうけます。

 でも、香りは。とてもよい香り。

図鑑にはなかなか香りのことまで触れてないことも多いので、香りがないと思っているものも、実は香りがあることがたくさんあります。
上の花の写真は6月頃に撮影したものです。

はまゆうの実
9月の頭にみると、こんなに大きな実がなっていました。

私もはまゆうの実をみるのははじめてです。

通りすがりにふと「ここになにがある」とおぼえておくだけで植物の観察が一年を通してできることになりますね。
[PR]
by asobidb | 2004-10-12 08:50 | 植物
2004年 10月 12日

逃走を企てるザリガニ

ザリガニ動画クリックで動画(833kb)にリンクしています
ザリガニ。元気になったのは良いのですが、動きが活発になった分だけ頻繁に逃走を企てています。

カタカタ音がするので近寄ってみると、フィルターのところにはさみを突っ込んで力技でなんとかしようと試みているところでした。
はさみだけですが、画像をとってみました。
中央にハサミ、右側にちらちらと足が見えます。
逃げ足の速いこと。さっとハサミがみえなくなります。
[PR]
by asobidb | 2004-10-12 08:49 | ザリガニ
2004年 10月 12日

一触即発?モーリー

シルバーモーリー サムネイル写真は、逆襲中のシルバーモーリーメス。
クリックで 動画(1.3M)にリンクしてあります。
(後日、メスだということで買ったものが雄だったことが判明します。ゆえに、この画像のシルバーモーリーはオスでした)
バルーンモーリーも、シルバーモーリーも、温和な魚と書いてあるのですが、それは異種の魚を襲わないということだけのようで、(当然か...)
 シルバーモーリーを入れたとたんに、古株のバルーンオスがシルバーを追い掛け回します。当分逃げ回っているシルバーを見て夫も心配そう。

 私のほうは、実はオスのバルーンを入れたときに、メスを追い掛け回してメスがノイローゼになるんではないかと心配していたところ、2,3日で収まったのを見ていたので比較的安心してみていました。
 最初は追いかけられっぱなし逃げるばかりのシルバーも環境になれてきたのか、追いかけ返しつつくようになりました。
今日は、追いかけたり威嚇したりという行動がだいぶ少なくなりましたので、多分、もう2,3日したら 落ち着くでしょう。
[PR]
by asobidb | 2004-10-12 08:46 | 熱帯魚・水草・エビ