生き物に触れ、自然に触れることを大切にしたい。 自然の中で遊ぶすべをなんらかの形で残し伝えていきたい
by asobidb
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
エビに驚かされた日
from 日々の雑記@castle
これがフワフワとぶコバエ..
from リアルで遊ぼう
改めてザリガニの凶暴さに驚く
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
やっぱり水あわせは大切と..
from リアルで遊ぼう
フォロー中のブログ
Links ...

植物はともだち
:植物の知識満載

ヨルトアサ
:日常のひとこま

bbs
:私のbbs(携帯ok)


2004年 12月 15日

コケ対策、どうにか効果あり

リアルで遊ぼうなのに、最近寒くて外に出てないし。。(軟弱ものです)。

水槽のコケ。どうやら一段落したようです。以下がとった対策。

1)最初にあまりにもふさふさにコケがついた葉はカットする
2)蛍光灯をつける時間を減らす
3)蛍光灯を1つだけつけるようにする
4)エサを減らす

1)については もしかしたらヤラナクテモヨカッタカモ?とおもっているところです。
2)3)は効果があったように思います。しかし、これをやっちゃうと水草の生長にも影響が出るところが痛いところ。
4)については効果てきめんでした。
 なんせ、水槽の中にいるのは「コケとり名人」と呼ばれるものばかり(*1)なのに、なんでコケが増えるのか。それはコケよりもエサが美味しいからじゃないか?と思った次第。

 だいたい、モーリーにしてもグッピーにしても草食だし、オトシンたちもコケとりのために入れたようなものだし、ミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビもそうなんですよね。なのにナゼコケが増えるのか? それは エサでおなか一杯になっているからでした。

 一時は石の上にまでふさふさとはびこっていたコケは すっかりとキレイになくなり葉っぱの上にももうふさふさはついていません。

エサをへらすというのはどのくらいか?といいますと、適当(^^;)スミマセン。
ただ、コケがあるうちは 草食のかたがたは食べるものがあるので餓死することはないようです。ですから、えさやり間隔を一日一回にしてみるとか、魚の様子をみながら決めると良いのではないかと思いました。

話は少しそれますが、 ネット検索してオトシン導入時におびえた「エサがないとオトシンが餓死」というのはもしかしたら水質が原因かもしれませんね。といっても、ザリガニと同居させても元気だったことから 水の汚れというよりも phかもしれないと思います。 グッピー水槽は 弱アルカリ性。 
 最初の頃は水あわせもきちんとやってなかったのですが、オトシンは一匹も死ぬことがなく育っています。その辺にヒントがあるのかも。

*1我が家の草食 水槽の掃除屋さん

グッピー:コケも食べるようです。うちが捕獲したような自然環境で育っているときは主食がコケだと思われます。 
モーリー:コケ対策・水槽の掃除屋さんとして有名です。かなり食いしん坊なので、コケなどをつついている姿が目に付きやすいです。体が大きい分大食いです。
オトシン(オトシンクルス):コケ掃除屋として有名です。いつもいつも掃除しています。
 かわいらしいみかけとしぐさがたまりません。
 はらびれでちょこんと座っていたり、ウインクしたりします。
オトシンクルス・ネグロ:こっちのほうが良く食べるとペット屋でいわれていました。
  見た目はおたまじゃくしみたい。
ヤマトヌマエビ:かなり大きくなります(4~5センチ) 見た目はきれいですし、食欲もあるようです。繁殖が面倒だというのが残念なところです。
ミナミヌマエビ:地味なエビですが、働き者です。小さくいです(大きいもので現状3センチくらい)

すべて塩が入った60センチ水槽で飼っています。
[PR]
by asobidb | 2004-12-15 12:55 | 熱帯魚・水草・エビ
<< コケ対策やりすぎ? もしかして、赤ちゃん?(ミナミ... >>